防災訓練を実施しました

晴天に恵まれた三連休の中日、今年も管理組合と自治会合同主催による防災訓練を実施しました。

 

三年前の東日本大震災の記憶がまだ冷めやらぬこともあり、多数の住民が参加しました。

 

特に今回は東京消防庁の協力のもと、起震車体験の場を設けました。

今回は地震発生後、21Fにて火災が発生したとの想定のもと、すべてのエレベーターを停止し、各自があらかじめ決められた避難ルート(非常階段)を使用して所定の避難場所(アクアゲートパーク)に集合しました。

避難を指示する放送から10分後に集合を無事終え、自治会長から避難時の注意点などの説明がありました。

 

------------------

 

避難時の「お・は・し」

 

「お」:押さない

「は」:走らない

「し」:しゃべらない

今回の目玉、起震車です。

 

実際の地震に近い揺れを簡単に体験することができます。

上下震度7、左右震度7の最高レベル!(左上の表示パネルに注目)

 

もちろん何も捕まらずに立っていることはできませんので、姿勢を低くし、頭を守る体勢をとります。

最後に参加者は参加記念品を受け取り、解散となりました。

 

記念品はお湯を注ぐだけで食べることができるごはん、クラッカー、乾電池などの防災用品でした。

 

なお、解散後はイニシア千住曙町のマンション竣工5周年記念として住民が企画・運営してきた「タイムカプセル☆プロジェクト」の格納式が行われました。そちらの様子も別ブログにてご報告しております。よろしければご覧ください。

 

by K

協力:東京消防庁