エントランスに五月人形が飾られました。

当マンションにお住まいの方はご覧になられたかと思いますが、

エントランスに月人形が飾られています。

端午の節句は、江戸時代に入り、家の後継ぎとして生まれた男の子が無事成長していく事を祈り、

一族の繁栄を願う重要な行事として武家の間で盛んに祝われるようになったそうです。

当マンションにもたくさんの子供たちが暮らしています。

大人達みんなで子供たちの成長を見守っていけるといいですね。

 

by T