10周年記念隅田川クルーズ

イニシア千住曙町は竣工10周年を迎えました。

自治会の役員会では春頃から周年記念事業の検討を開始。

いくつか決定したプランの目玉がこの隅田川クルーズ。

東京水辺ラインの水上バスを2便チャーターして、マンションのすぐそばの千住発着場と東京レインボーブリッジを往復する行程です。

自治会スタッフを含めて158名定員で午前と午後で計2便を用意しました。

この企画、ずいぶん反響があり応募多数につき抽選になりました。特に16時からの第二便は大人気。

なんと倍率2倍の抽選になってしまいました。

(落選したみなさんごめんなさい!)

自宅マンションそばに、水上バスが迎えにきてくれるんですよ!

なんと贅沢なシチュエーションなんだろう。

隅田川に面した当マンションの立地はある意味、資産です。

今回の企画はその資産を十二分に活用したものと言えます。(自治会役員の自画自賛)

 

第二便の乗船前。みんなで集まって写真撮影。これからスタートするクルーズに期待ワクワク。

16時ちょうど出発。

動き出した船から後ろを振り返ると、美しい構図の我がマンション。

水上から眺めるのは新鮮な気分です。

船内は和気あいあいとして和やかなムード。

持参した飲み物や食べ物をほお張る姿があちらこちら。

上部デッキに多くの人たちが上がっているので、座席は以外と空いていました。

(全員着席すると満席になる予定だったのです。)

雨が降らなかったことは本当に良かったと思います。

 

第二便はちょうど満潮の時間と重なって水位が上がっていました。

橋をくぐる時にデッキに上がっている人は何度もしゃがまないといけません。

これはびっくり。

「しゃがんでください!」という船上スタッフさんの声とともに一斉にしゃがみます。

ちょっとスリリングなイベントになりました。

 

 

 

隅田川を下って台場へ。レインボーブリッジが見えてきました。

 

 

 

 

視界も広がってきて気持ちいい。

自治会スタッフも思わずスマホで写真を撮ります。

レインボーブリッジの裏側から見る秋の青空。

晴海ふ頭に係留中の帆船日本丸。独立行政法人海技教育機構の帆船の練習船です。

遠洋まで航海する船です。

東京に住んでいても普段目にしない都市の風景。

楽しかったクルーズも終わりです。夕暮れの千住曙町に戻ってきました。

参加いただいた皆さんは、2時間の特別なクルーズに満足の表情で帰宅の途へ。

今回の10周年事業は、自治会から記念品のモノではなく、記念に思い出を住民の皆さんにお渡しできたかな。

 

Boss