安否確認訓練が行われました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午前10時、震度5以上の地震を想定した訓練の館内放送が防災センターより放送されます。

 

 

 

 

 

 

 

 地震発生後住民は自身の安全の確保、火の元や身の回りの安全を確認したら「安否確認プレート」を自宅ドアに掲出します。

 

安否確認は、居住者が無事であるかの確認とともに、異常事態が発生していないかを確認して、被害を防ぐために行います。迅速性が重要です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロックごとの避難経路に誘導係が向かいます。同時に安否確認プレートの確認に急ぎます。

 

 

 

 

 キッズスタジアムでは人命救助のレクチャーが行われました。

救急車が到着するまでに救命率を下げないための【救命処置】を身につける貴重な体験となりました。 

 

 

 

 

こうして無事安否確認訓練が終了いたしました。

住民同士が一体となり、お互いに声かけをし、いざとなったら助け合う。

今後もさらに安心・安全なマンションとなれるよう努めていきます。